みうらじろうギャラリー JIRO MIURA GALLERY
103-0011 東京都中央区日本橋大伝馬町2−5 石倉ビル4階
Ishikura bld. 4F, 2-5, Nihombashi-Odenmacho, Chuo-ku, Tokyo, 103-0011
tel +81-(0)3-6661-7687
e-mail info@jiromiuragallery.com
open hours 12:00 - 19:00 Wednesday - Sunday
closed on Monday and Tuesday
top exhibitions artists books blog access



紺野真弓個展「Lost」

2024年6月15日(土)〜6月30日(日)
12:00~19:00 月曜・火曜休

近年紺野真弓が描いている「1」と題された人物像は、ニュースやSNSなどで日々流れてくる膨大な人数の情報の中で「1」として数えられる、断片的な人物の情報を表現しているものです。
本展では、そのような断片的にしか知りえないどこかの誰かが失くしてしまった大切なものを主題として制作した作品を発表します。


※作品は抽選で販売いたします。

KONNO Mayumi solo exhibition "Lost"

Dates : June 15 sat. - June 30 sun, 2024
Open 12:00 - 19:00, closed on Monday and Tuesday

The portrait titled “1” that Mayumi Konno has been painting in recent years represents the fragmentary information of a person who can be counted as “1” among the vast amount of information that flows through the news and social networking services on a daily basis.
In this exhibition, we will present works created on the subject of important things that have been lost by someone somewhere, which can only be known in such fragments.

Lumiere Transmise 透過する光


Lumiere Transmise 透過する光

2024年6月15日(土)〜6月30日(日)
12:00~19:00 月曜・火曜休


出品作家:Sotaro Oka、菅野愛沙子、高松ヨク、タムラグリア、成瀬修、山城有未(五十音順)

今年は、アンドレ・ブルトンの「シュルレアリスム宣言」から100年ということで、各地で展覧会が催されています。日本のシュルレアリスムは、当初の定義から離れて、幻想性も含む広義なものに変化してきていると言われています。また、現在は絵画に「運動」のようなものはなく、作家個人の意識がより強く作品に反映されているという点では、シュルレアリスムとは逆を行っているようなものですが、それでもそれが「超現実的」であったりするのですから楽しい。今展の6名の作家もそれぞれの思考・意識の具現化としての作品を発表しています。どうぞ彼らの思考の淵を覗いてみてください。

Lumiere Transmise

Dates : June 15 sat. - June 30 sun, 2024
Open 12:00 - 19:00, closed on Monday and Tuesday

ARTISTS: NARUSE Osamu, OKA Sotaro, SUGANO Asako, TAKAMATSU Yoku, TAMURAGREA, YAMASHIRO Ami

This year marks the 100th anniversary of Andr? Breton's “Surrealist Manifesto,” and exhibitions on the subject are being held in various places. Surrealism in Japan is said to be changing away from its original definition to a broader one that includes illusionism. In addition, there is no such thing as a “movement” in painting today, and the individual consciousness of the artist is more strongly reflected in his/her work, which is the opposite of Surrealism, but it is still fun to see how “surreal” it can be. The six artists in this exhibition also present works that embody their own thoughts and consciousness. Please take a peek into the depths of their thoughts.


終了した展示の作品も引き続きお取り扱いしております。

作品販売ページ

 レンタル希望者受付中!

【然有らぬ艶めき、芳醇たる艶めき】


【然有らぬ艶めき、芳醇たる艶めき】
〜さあらぬつやめき、ほうじゅんたるなまめき〜


会期:2024年6月15日(土)〜23日(日) 月曜・火曜休廊
12:00-19:00、最終日17:00まで

出展作家:綺朔ちいこ(新潟)/MIRAI(神奈川)

企画・主催:TEAM-TAN


Undiscovered charm, Rich charm

Dates : June 15 sat. - June 23 sun, 2024

Open 12:00 - 19:00, last day - 17:00, closed on Monday and Tuesday

Artists : AYASAKI Chiiko, MIRAI

Produced by TEAM-TAN


小伝馬町界隈アートMAP 地図をクリックしてください。

これからの展覧会 UPCOMING EXHIBITIONS

「FRAGILE」


「FRAGILE」

2024年7月5日(金)〜7月21日(日)
12:00~19:00 月曜・火曜休

出品作家:青田ヒロミ、Atchalinee Kesornsook、金森満理奈、泰地朋香、木智広、藤部恭代、本家雅衣、夜乃雛月

この世界は壊れやすい。
約35億年前、奇跡的に地球に誕生した生命は長い進化の歴史を経て文明、文化を築くに至った。人類は高度な知性を獲得した故、日々不安や悩みを抱き、時には生きるのが困難になるほど脆い心を持っている。文明は度々自然の猛威にガラスのように砕かれる。天災の多いこの国では皆、世界が突然壊れることを心のどこかで覚悟している。そしていつか自身もこの世界から消え去る無常感を移ろいゆく季節に重ねる。それが日本人の美意識に少なからず影響している。この「FRAGILE」はそのような無常で儚い美を探求する展覧会である。(企画:木智広)


Group Show "FRAGILE"

Dates : July 5 fri. - July 21 sun, 2024
Open 12:00 - 19:00, closed on Monday and Tuesday

Artists : AOTA Hiromi, Atchalinee Kesornsook, FUJIBE Yasuyo, HONKE Mai, KANAMORI Marina, TAIJI Tomoka, TAKAGI Tomohiro, YORUNO Hinazuki

This world is fragile.
Life miraculously came into being on earth about 3.5 billion years ago, and through a long history of evolution, it has come to build civilization and culture.Because of the high level of intelligence we have acquired, we have a fragile mind that is troubled by daily worries and anxieties, and sometimes makes it difficult to live.Civilization is often shattered like glass by the fury of nature.In this country, where natural disasters are common, everyone is prepared for the world to suddenly break down somewhere in their hearts.They also associate the sense of impermanence with the changing seasons, as if they themselves will one day disappear from this world.This has had no small influence on the Japanese sense of beauty.
FRAGILE” is an exhibition that explores this sense of impermanence and fleeting beauty.
(Planning: Tomohiro Takagi)


笠原菜々子個展「願いは雨」


笠原菜々子個展「願いは雨」

2024年7月5日(金)〜7月21日(日)
12:00~19:00 月曜・火曜休


誰かの願いは誰かの雨
願いは光
願いは破壊
願いは痛み

笠原菜々子は主にペン・アクリル絵具・箔・ラメを使用したミクストメディア作品を制作する作家です。

KASAHARA Nanako solo exhibition "A Wish is Rain"

Dates : July 5 fri. - July 21 sun, 2024
Open 12:00 - 19:00, closed on Monday and Tuesday


Someone's wish is someone else's rain
A wish is light
A wish is destruction
A wish is pain

KASAHARA Nanako is an artist who mainly creates mixed media works using pens, acrylic paints, foil, and glitter.




大村美朝コレクションによる高松ヨク作品展


大村美朝コレクションによる高松ヨク作品展

会期:2024年6月26日(土)〜30日(日) 12:00-19:00



Exhibition of works by TAKAMATSU Yoku
from the collection of OMURA Yoshitomo


Dates : June 26 sat. - June 30 sun, 2024

Open 12:00 - 19:00


みうらじろうギャラリー
103-0011 東京都中央区日本橋大伝馬町2−5 石倉ビル4階
電話 03-6661-7687
E-Mail : info@jiromiuragallery.com
ギャラリー地図 
東京都公安委員会 第301041206877号
JIRO MIURA GALLERY
4F Ishikura Building, 2-5, Nihombashi-Odenmacho, Chuo-ku,
103-0011 Tokyo, Japan
Tel : +81-3-6661-7687
E-Mail : info@jiromiuragallery.com
MAP